大垣市の歯医者、ビバ・スマイル歯科の電話番号ご予約・お問合わせ

0584-92-2040


ブリッジ

    大垣市の歯医者、ビバ・スマイル歯科のブリッジ治療

    ブリッジは、抜けた歯の隣の健康な歯を利用して、失われた部分を補う治療方法です。
    これにより、噛む機能の回復とともに、美しい笑顔を取り戻すことが可能です。

     

    ブリッジ治療のメリット

    保険適用
    ブリッジは保険適用される場合が多く、費用を抑えることができます。
    保険診療でもしっかり噛めるブリッジを提供できます。


    安定性
    ブリッジは固定式の補綴物であり、噛んだときにずれたり外れたりする心配がありません。
    硬い食べ物でも安心して噛むことができます。


    違和感が少ない
    ブリッジは歯茎を覆う床やクラスプなどが付随しないため、違和感や異物感が少なく、装着感が良好です。


    お手入れが容易
    ブリッジのお手入れ方法は天然歯とほぼ同じであり、着脱式の装置よりもケアが容易です。
    欠損部の人工歯を丁寧にお手入れすることで、口内衛生を維持できます。

     

    ブリッジ治療のデメリット

    健康な歯を削る必要がある
    ブリッジは支えとなる健康な歯にも一部削る必要があります。
    特に、支台歯を大きく削ることに抵抗を感じる方もいます。

    抜けた歯が多い場合は適応が難しい
    ブリッジは通常、1〜2本の欠損に対応します。
    欠損が多い場合は適応が難しく、入れ歯やインプラントが適しています。

    欠損部の骨が痩せていく
    ブリッジには人工歯根がないため、欠損部の骨が徐々に痩せていきます。
    支台歯が噛んだ力を主に受け止めるため、骨の減少が起こりやすくなります。

    清掃しにくい部分がある
    ブリッジのポンティック部分は清掃が難しい場合があります。
    特に、ブリッジ専用のデンタルフロスなどを利用して、清潔を保つ必要があります。

     

    ブリッジ治療の流れ

    • 1

      歯の削合
      隣接する歯を削り、ブリッジを支える準備をします。
      このステップは、ブリッジが適切にフィットするために非常に重要です。
    • 2

      型取りと咬み合わせの記録
      歯の型を採取し、咬み合わせの正確な情報を記録します。
      これにより、ブリッジが自然な咬み合わせに調和するように製作されます。
    • 3

      仮歯の装着
      ブリッジが完成するまでの間、プラスチック製の仮歯を装着します。
      これは、削った歯がダメージを受けないよう保護し、日常生活に支障が出ないようにするためです。
    • 4

      ブリッジの試着と調整
      完成したブリッジを装着して、フィット感や咬み合わせを確認し、必要に応じて調整を行います。
    • 5

      最終固定
      すべてのチェックが終わり、問題がないことを確認した後、ブリッジを歯科用セメントで固定します。
      このステップでブリッジの取り付けは完了し、日常生活への復帰が可能です。

     

    ブリッジ治療の概要

    治療期間

    1~3ヶ月(※状態・本数によって変わります)

    治療回数

    2~5回(※状態・本数によって変わります)

    費用

    歯数による
    2本支台で3歯の場合、265,000~330,000円(税込)
    仮歯1歯 5,500円(税込)

    リスク・副作用

    • ダミーの歯の部分が浮いているという構造であるゆえに、その部分に汚れが溜まりやすいです。
    • 歯ブラシだけでは清掃が難しく、むし歯や歯周病を再発してしまう可能性もあります。
    • 周りの歯を土台とするためそれらを大きく削る必要があり、残存歯の寿命を縮めることにもつながります。

     

PAGE TOP